Top > トレード手法 > スイングトレードにおいてのメンタルの保ち方とは?

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

スイングトレードにおいてのメンタルの保ち方とは?

トレードで超重要となる「メンタル」についてまとめます。

投稿者名:スイングトレードについて1から確認しよう!

カテゴリ:トレード手法

編集

1000通貨単位取引で取引する

『ルールを守る』というのに慣れるため、自分の懐が痛まない金額で始めてみるもの良いですね!
最近は多くの業者で1000通貨単位から取引できるようになっています。

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

1000通貨単位で取引すれば、スイングトレードで損をしてもせいぜい数千円程度で済みます。
そのため、損失を抱えても心理的な負担は非常に軽いのです。
心理的な負担が少なければ、心にゆとりもでき、感情に流されたトレード、
それは『ルールを守る』ということに繋がっていきます!
そもそも1000通貨単位でルールを守って取引できない人は、
1万通貨単位での取引でルールを守ることなんてできないんですよねー(笑)
また、慣れてきて大きな単位(3万や5万、それ以上も!!)でトレードをするときに、
1000通貨単位であればポジションの調整がしやすいんですよね!
自信があるときは大きく、逆に自信がない時は小さくポジションをもつのもトレードテクとして必須ですよ!

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

【素朴な疑問】スイングトレード中にポジションの増減させるのは有りか

数週間ポジションを持っていると、「もっと上がりそう」「そろそろ下がりそう」と思う場面ってありますよね。
その時に、ポジションを増やしたり減らしたりしていいのか?
僕としては、『有り』です!
相場の流れに合わせてポジションの増減はしていきましょう!
とはいいますが、それは「取引ルールがしっかりと守れるようになってから」の話。
感情的なトレードを繰り返しているうちは、ポジションを増減させることで修正点や反省点が曖昧になってしまうものです。
自分自身のトレードが確立したら、強いトレンド時にはポジションの増やす、トレンドが弱くなってきたらポジションを減らすなど相場にあわせたトレードをしていきましょうね!
(そんなポジションの量を調整するのにも1000通貨単位だと便利ですね!)

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

取引画面・チャート画面を見る回数を減らす方法!

ここまで紹介したものとは逆転の発想なのがこの方法!
そもそも取引画面やチャート画面を見なければ、目先の利益にとらわれてしまったり、
「決済・損切りをしたほうがいいのか?」と悩むことがなくなりますよね。
だって、レートや値動きがわからないんですから、悩みようがないじゃないですか!(笑)
そこで、前回、スイングトレードの特徴として『チャートを見る回数が少なくてよい』というのを紹介しましたよね!
これをうまく利用しちゃいましょう♪
「チャートを見るのは1日1回!それ以外の時間は絶対に見ない!」
取引ルールが守れなくても、これならば守れる人も多いのではないでしょうか?
ただし、チャートを見る回数を減らすということは、自分の手で決済がしずらくなるということ。
そのため、ポジションを持つ時に利確や損切りについてしっかりとイメージを膨らませて、
指値・逆指値注文を入れておく必要があります。
この注文を入れておくことで、チャートを見なくても勝手に利確・損切りがされるので安心ですね!
もちろん、チャートを見たタイミングで決済するタイミングだと判断する場合には、手動で決済してもOKですよ。

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

IFDO注文を使うのもあり!

先ほどの、取引画面・チャート画面を見る回数を1日1回に減らしても、感情に流されてしまった…
という人向けの究極(笑)の方法があります。
それは、ポジションを持っていない時はチャートを何度見てもかまいません!
もうね、いくらでもみちゃってください(笑)
見ているとおそらく、エントリーしたくなるタイミングがありますよね。
その時にIFDO注文を使って、エントリーをしましょう。
IFDO注文では注文発注時に、決済注文(利益確定・損切り)をだすことになります。
この注文をしてしまえば、後は取引画面もチャートも見る必要ないですよね。
エントリー注文がひっかかって、どちらかの決済注文が引っかかればトレードが成立です。
全て約定したらメールで通知が着るので、注文が引っかかってるかのチェックも取引画面を見る必要がありません!

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

この方法は、注文発注時に全て決まっちゃうので、感情に流される要素がほぼないのです。
つまり、メンタルに左右されないという意味合いでは、究極の方法(笑)だと僕は考えています!
とはいうものの、IFDO注文でのみのトレードにすると、トレードできる場面というのはカナリ絞られてきてしまいます。
IFDO注文がピッタリな場面もありますが、毎回そうとは限りません。
そのため、僕としては基本的に成行での新規注文をオススメします。
チャートを少しでも見ると流されてしまう!という人のみ、この方法を試していただきたいと思います。

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

エントリーに自信を持つことが何よりも大切ですよ!

僕が思うメンタルを保つために大切なことは、
新規にポジションを持つ『エントリーのタイミング』だと考えています。
僕達のような個人投資家は、相場を動かすような資金力なんてありません。
常に動いている相場に合わせてエントリー→決済するしかないんです。
その動いてる相場の「どのタイミングでエントリーをすれば、利益が出るのか」。
エントリーのタイミングが合っていなくて、天井ロング、底ショートといったポジションを持ってしまったらどうしようもありません。
もうね、こんなポジション持った日にはメンタルをゴリゴリ削られるだけですからね(笑)
ということで、適切なエントリーポイントを見つけるための『ルール作り』や『IFDO注文作戦』、目先の利益や損失に惑わされないための『1000通貨単位取引』や『チャートチェックを少なくしよう作戦』。
メンタルに自信がない方は今回紹介した、僕自身が実践してきたメンタルを保つ方法で鍛えてみてはいかがでしょうか?

出典:http://www.fxtrade-lab.com/8194

このまとめに対するコメント


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事