Top > 初心者向け > FXを始めよう!役立つ基礎知識とテクニックを伝授

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

FXを始めよう!役立つ基礎知識とテクニックを伝授

「24時間眠らない市場」為替市場にはチャンスがたくさん転がっています。トレードを始めるときに知っておいたほうがいい基礎知識や、市場の特性についてまとめました。とっつきやすくて楽しいFX、はじめてみませんか?

投稿者名:投資者

カテゴリ:初心者向け

編集

特に気をつけるべき日は?

ポジションを木曜日の朝7時を越えて持っていると、金曜日から日曜日の3日分のスワップ金利をもらうことができます。

これだけ見るとポジションをまたいで保有するのがよいかに見えますが、7時を過ぎるとそのスワップポイントを目当てに持ち越した買いポジションが一斉にされ、反落してしまうことがあります。そのリスクを避けるためには、7時より前に決済してしまうのもひとつの作戦になるかもしれません。

利用業者の取引時間等を確認の上、特に金利差の多い通貨ペアを保有するときは、木曜7時にポジションを持つかどうかを事前に検討しておきましょう。

出典:https://upin.jp/3898

ゴトウ日っていったい何?

「5・10日」を読んだもので、5で割り切れる、5日や20日といった日のことです。

為替市場は個人トレーダーや外国の大口機関投資家などが行う投機に加え、企業が貿易の決済を行うなど実際の需要部分の影響も大きいです。その決済が5で割り切れる日に集中し、ドルの買い需要がぐっと増えるため、為替市場に大きな影響があることから、多くの市場参加者が注目する日になっています。

出典:https://upin.jp/3898

デイトレで役立つ耳寄りテクニカル!

日中の指標発表タイミングに注力したり、国会を視聴しながら要人発言を追いながらトレードチャンスを探るのもいいですが、目の前の値動きひとつでエントリーのタイミングを探れるチャート情報と、過去の経験則から練られてきたテクニカル分析は、デイトレードを行う際の味方です。

テクニカル指標は、有名どころから個人が作成したものまで無数に存在しますが、その中でも基本として必ず知っておいたほうがよいものを厳選してお伝えします。

出典:https://upin.jp/3898

トレンド把握に!移動平均線

細かくジグザグしたローソク足のそばで、水色の細い線がゆるやかに動いています。これが移動平均線です。

移動平均線はチャートの何本分の足を使うかを自分で決めることができます。日本人は5本や21本という設定にすることが多いようです。移動平均線の発祥国であるアメリカでは、研究した方が「200日移動平均線の信頼性が最も高い」として広まっているようです。

また、移動平均線よりローソク足が上にある場合は相場が強く買いが有利、反対に下にある場合は売りが有利であることが多いです。合わせて覚えておきましょう。

出典:https://upin.jp/3898

わかりやすい!ボリンジャーバンド

統計学的アプローチから値動きを監視できる指標です。チャートに設定すれば移動平均線を中心として、その上下に±1σ、±2σ、±3σと順番に線が描かれます。それぞれのバンド内にローソク足が納まる確率は、以下のようになります。

・水色の±1σのバンド内:68.3%
・青い±2σのバンド内:95.5%
・赤い±3σのバンド内:97.7%

つまり、±2σや±3σに値動きが突入する場合は異常値という扱いになるため、値動きが外側へずれればずれるほど反発してバンドの内側へ戻っていくことが多くなるというわけです。パッと見でわかりやすく、愛好者が多いテクニカルといえます。

バンド上限を突破した黄色の○と、下限を突破したオレンジ色の○を見ていただければ分かりやすいでしょう。

出典:https://upin.jp/3898

パッと見て強弱がわかる!一目均衡表

最後に、国産指標の一目均衡表をご紹介します。名前のとおり、一目見ると動きの強弱が分かる便利なチャートです。

真ん中にある、薄紫色の色がついている部分を「雲」といい、ローソクがその上にあると強いチャートとされます。反対に、雲の下にローソクがあると弱い値動きになっているということです。雲の上限・下限は抵抗帯になりやすく、黄色とオレンジの○のあたりでもその様子が分かるかと思います。

一目均衡表は、雲以外のラインについても様々な分析ができる便利な手法です。色々と調べ、利益を出すのに役立ててみてください!

出典:https://upin.jp/3898

まとめ

テレビや雑誌といった身近な媒体で特集されるなど、すっかり身近になったfx。チャンスがあればすぐに掴みにいけるからこそ、リスク・リターンの適正な理解と執行が必要であることを、常に頭に入れておきたいものです。

また、取引をお願いする業者が、スイスショックのような相場が大きく動いた際、ストップロスのオーダーを的確に受け付けていたかを確認しておくこともリスク管理上、重要ではないかと思います。投資資金を適正に管理しながら、相場とうまくつきあっていきましょう。為替市場を見ている限り、チャンスはあなたの方へ無限大に広がっていくでしょう。

出典:https://upin.jp/3898

このまとめに対するコメント

1: 匿名

とりあえず始めてみるのは大事なのはわかりましたが、、重い、、

返信

削除


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事