Top > 初心者向け > 必見!FX初心者のための注文方法まとめ

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

必見!FX初心者のための注文方法まとめ

やる気はあるけど、F注文の仕方がわからない‥ましてや入金方法もわからない…。それじゃいつまでたっても初心者から抜けだせませんよね。ここではFX初心者のための注文方法をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

投稿者名:トレーダーS

カテゴリ:初心者向け

編集

FX初心者のため向け!注文方法の種類と特徴をまとめました。

トレンドが大きく変動した際にはリスクコントロールをし、損失を最小限にしましょう。

1. マーケット注文

その場の瞬間で注文ができる。株取引で言うと成行注文です。
【メリット】
今すぐこの値段でと思った瞬間に注文できます。
【デメリット】
瞬間的に値段が変動するため、クリックした瞬間に値段が変わってしまって約定するといったことがあります。
特に指標発表前後であれば激しく値段が変動するため、注文しても不成立といった場合もある。
対策としては、スリッページ幅を設定して、ズレを回避することができます。

2. 指値注文

自分で指定した値段で売買ができる注文です。
【メリット】
指定した値段に到達すれば、注文が成立します。
【デメリット】
指定した値段に達しなければ注文が成立しないことや、期限が来れば不成立となります。

3. ストップ注文

逆指値注文とも呼ばれる注文方法です。
以下のような感じです。
■新規注文でのストップ注文:これ以上上げたら新規注文する!
■決済注文でのストップ注文:これ以上下げたら損切りをしたい!

4. IFD注文

新規注文と決済を同時に注文ができる方法です。
指定した値段になったら注文して、さらに指定した値段になったら決済するという取引です。

5. OCO注文

利益確定と損切りを同時に行うことが可能です!
2つの注文を同時に出しておいて、どちらかが成立したら、どちらかをキャンセルをするといった方法です。

6. IFO注文

上記のIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法になります。
(例)
「もし、80円になったら新規で買いたい。そのあと、もし81円まで上がったら決済して売りたい。もし78円まで下がったら損切りしたい」というように、新規注文を発注し、かつ2つのシナリオで決済注文を発注する注文方法です。
とても便利ですから、使いこなせるようにしたいですね。

■値動き、チャートの特徴

このまとめに対するコメント


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事