Top > トレード手法 > スキャルピングの基礎知識まとめ

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

スキャルピングの基礎知識まとめ

短期売買のスキャルピングについてまとめました。

投稿者名:匿名

カテゴリ:トレード手法

編集
多くの人は社会人、OL、学生といったように日々忙しく生活をされています。
そのことから誰しもが専業トレーダーのようにチャートを意識し続ける、監視しつづけるというのは厳しいです。

実際にFXをされている人であればよくわかると思いますが、ポジションを持ってしまえば頻繁にレートが気になってしまうもの。しかし仕事中にチャートのチェックなどして会社側にバレてしまえば…かなりリスキーですよね。それに、休憩時間のみにしかスマートフォンをチェックできないなんて方もいるはずです。とまあ、状況は人それぞれではありますが、日々の生活の中でスキマ時間を見つけトレードを行うことができる投資スタイル。それがスキャルピングになります。

そもそもスキャルピングってなんだ?

スキャルピングという言葉の由来は、アメリカのインディアンが頭の皮を剥ぐことから来ているもので、薄い利益を確保して積み上げているという投資法です。トレードの手法として、「一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろう」というのがスキャルピングになります。

また、2013年7月頃になりますが、「超短期売買(スキャルピング)に規制がかかる!」という情報がネット上で流れ出しました。この噂の真相は知り得ませんが、現在は法律や規制が施行されている状況にはないようです。

これはFXだけに使われているのではなく、株式投資でも同様の言葉が使われるようになっています。
スキャルピングは、数十秒から数分のうちで売買を繰り返していき、長くポジションを持たないことでリスクを軽減する売買方法です。つまり「スピードを重視」する取引スタイルということです。
1回のエントリーで、数pips~10pipsくらいを抜くことを目標にします。

昔はスキャルピングという概念がなかった

FX取引において、スキャルピングという売買手法が確立したのは、ネットでの売買が可能になってからです。しかも店頭FX業者で通貨ペアのスプレッドが狭くなり、取引手数料が無料になったことが大きなきっかけとなっています。
個人投資家でもほとんどインターバンクのディーラー並みにリアルタイムでの価格で売買ができるようになり、しかもストリーミング注文で指定した金額での売買ができるようになったからこそ実現している投資手法なのです。
実はこうした投資手法は個人投資家だけではありません。
ヘッジファンドを中心とした投機筋もアルゴリズムを使って、さらに短時間で売買を繰り返しながら利益を出すようになっており、FX上で利益を確保していく大きな手法になりつつあるのです。

スキャルピングを行うメリット

スキャルピングの最も大きなメリットは、ポジションを短時間しか保有しないため、相場の大きな価格変動やトレンドの変化の影響をほとんど受けないということです。
仮に間違った方向にポジションを取ってしまった時には、躊躇することなく損切りをしていきますので、大きな損失を受けることもなく取引を継続していくことができるのがこの手法の特徴となります。
最近ではトレンドが発生している通貨ペアであっても東京時間とロンドン、ニューヨーク時間では微妙にセンチメントが変わる傾向にあります。
よって、長くポジションを保有していること自体が大きなリスクとなるため、とにかく短時間での売買を行うことが損失を出さない効率的な方法になっています。

スキャルピングに向いた時間帯

日本時間の9時~11時くらい
日本時間の16時~18時くらい(夏時間 15時~17時頃)
日本時間の22時~24時くらい(夏時間 21時~23時頃)

相場にある程度の動きが必要ですので、値動き(ボラティリティ)が大きい相場が良いことになります。但し、あまりにも激しく動きすぎているとスプレッドが広がったり、予想と逆に動いたときに大損をしてしまうので、初心者の方は比較的動きが穏やかで相場の動きを予測しやすい、東京市場やヨーロッパ市場で試してみるのも良いでしょう。

米雇用統計など大きな指標発表時には、とても大きな変動になるため、初心者のうちは手を出さないほうが無難です。

スキャルピングに向いている通貨ペア

スキャルピングは瞬間の値動きを利用しますので、値動き(ボラティリティ)が一定以上あることが必要です。また、取引回数が増えますので、取引コストが小さい通貨ペアを選ぶことが重要です。

ですから、業者へ払う手数料となるスプレッドが狭い通貨ペアを選択するのが一般的です。国内では、多くの業者でドル円が最狭となっておりますので、まずはドル円を基軸に考えると良いです。

ただし、相場状況によっては複数の通貨ペアを確認して、自分に合った組み合わせを見つける事が大切になります。例えば、2014年の4月以降は日本の個人投資家が売買する通貨ペアの実に6割を占めると言われる、ドル円がほとんど動かない相場状況になりました。

その時々に動きやすい通貨ペアと、動きが小さい通貨ペアが変わっていきますので、自分の扱いやすいと思う通貨ペアを選択してください。

スキャルピングに利用するチャート

スキャルピングの手法は様々ですが、いずれの手法も、基本的にはファンダメンタルズは考えずに、テクニカル指標を用いて行います。

1分足にボリンジャーバンドを重ね合わせてタイミングを計っていく方法が、オーソドックスで初心者にも分かりやすいチャートの利用方法だと思います。

中心線の動きの特徴は、基本的に小刻みな動きはないことです。そして、仮に上昇しているところから徐々に横ばいになると、その後は多くの場合、下落トレンドに移行していきます。
逆に、下降トレンドが続いた後に底を打つと、その後には上昇トレンドに移行する可能性が高いです。これが中心線の値動きの特徴です。

売買のタイミング

FX初心者の方は、トレンドに沿った取引をするのが一番分かりやすい手法です。

基本的には、ボリンジャーバンドのセンターライン(移動平均線)が下向きであれば売りから入り、上向きであれば買いから入るというタイミングです。

スキャルピングはこんな人にお勧めしたい

業FXトレーダーのように1日何時間でも相場を見ていられないのような忙しい人、つまり、兼業のトレーダーにお勧めしたいのがスキャルピングです。
空いている時間帯でどこからでも売買に参入することができますし、1回の売買にかかる時間も短いため、短時間に集中してトレードをすることができます。
また長時間にわたってポジションの保有しないため、トレンド変化や経済指標、要人発言で大きく相場が振れるリスクを受けることもないため、比較的安全な取引を行うことができるのが大きな魅力です。

このまとめに対するコメント


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事