Top > 専業トレーダーの生活 > 衝撃!専業トレーダーの1日って実際のとこどうなの?

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

衝撃!専業トレーダーの1日って実際のとこどうなの?

サラリーマン、主婦の間でもスマートフォンのアプリで簡単に取引ができる副業として大人気の株式投資、FX。その金融商品を日々トレードし、飯を食っている専業トレーダーが存在します。精神的自由と経済的事由を手に入れた専業トレーダーの生活は一体どうなっているのか?まとめました。

投稿者名:彩音

カテゴリ:専業トレーダーの生活

編集
サラリーマン、主婦の間でもスマートフォンのアプリで簡単に取引ができる副業として大人気の株式投資、FX。その金融商品を日々トレードし、飯を食っている専業トレーダーが存在します。精神的自由と経済的事由を手に入れた専業トレーダーの生活は一体どうなっているのか?まとめました。

そもそも専業トレーダーってなんだ?

率直に言うと、専業トレーダーの年収は、私のようなサラリーマン程度の給料を稼ぐ弱小トレーダーから(笑)、年間数億円を叩き出すような大口投資家まで様々です。

私に投資の基礎を教えてくれた友人(カナダ人)は、デイトレーダーと呼ばれる毎日売買を繰り返す事で利益を生み出していくトレーダーだったのですが、1回の取引では500万~1000万円程度の資金を動かし、年間で1億円に届くか届かないかと言った利益を出していました。

その生活の中身とは...?

に、専業トレーダーの日常生活についてですが、こちらも投資家について正直なところバラバラです。

 私の生活を例にしますと、日々の大半がニュース収集と頭の整理を行っているのですが、マーケット展開によって大きく変わってきます。
場が開いている間は、ずっと何枚ものモニターを眺めて注文を出し続けているので、トイレに行くこともできません

集中力・体力が必要なので、「重労働」と表現する人もいる

デイトレーダーの中には海外市場も対象にされている方がいらっしゃいます。こうなると、夜中が取引の時間帯になったりしますから、慢性的寝不足を誘発します。
労働時間は意外と長いのではないかと思う方もいるでしょう。でも、そんなことはありません。私も含めて、多くのトレーダーは午前中の2時間だけという方が多いのです。

専業でのトレードは自分との闘い

特に難しくて重要なのは、自分の心のコントロールです。
ネット上では
・精神的に死ぬほど辛い。でも、面白さ>辛さだから今までやってこれた。
・欲との勝負です。
・売ったあといくら上がってもくやしいとおいかけないことや資金の管理をきちんとすること、地合や様子を見て休むことができること。

と、長年のトレーダー達は、失敗を何度も重ねて、自分なりのルールを持って行っている。

実際に損をしている人も多い

実は、「通勤時間が必要無い」または「変な人間関係は必要無い」と言う意味では、サラリーマンの方々よりも非常に優遇されるのですが、一方で専業トレーダーとなる事で失う物は沢山あります(涙)。

やはり簡単にいかないのが現実だ。

FXで経験1年ほどの主婦が儲けているというニュースは良く聞きますが、圧倒的に負け組みのほうが多いみたいです。それに、勝ち続けられるのは1割もいないと思います。デイトレーダーはプロスポーツの世界と同じで特殊な才能と努力が要求されます。

このまとめに対するコメント


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事