Top > 初心者向け > 【投資でスランプなら】運用ルールを見直そう(ギャンの価値ある28のルール)

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

【投資でスランプなら】運用ルールを見直そう(ギャンの価値ある28のルール)

「ルールに従うことができない人は投資をやめた方がよい。確実に失敗に終わるから」 ウィリアム D. ギャン (1878-1955) テキサスの綿花農家に生まれ、24歳で相場(商品・株式)の世界に入りました。そのテクニカル分析の理論はギャン理論と呼ばれます。

投稿者名:ウィリアム・D・ギャン

カテゴリ:初心者向け

編集
資金配分を厳密にすること。売買に用いる総資金を10等分し、1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすること。
ストップロスを必ずおくこと。損失限度を計算した上、ポジションを持つと同時に行うこと。
過剰な売買を決してしないこと。資金配分に従ったポジション量を厳守すること。
利益を確保した後は損失とならないように、ストップロスを変更すること。
トレンドに逆らわないこと。トレンドに確信が持てないときは売買しないこと。
迷った時は手仕舞うこと。迷った時はポジションを持たないこと。
活発に売買され、値動きのある市場で売買を行うこと。
リスクを分散し、資金の集中を避けること。
指値をしてはならない。売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。
確固たる理由なしに手仕舞いしないこと。
実現利益は別勘定として保有すること。
わずかな利益狙いの売買(スキャルピング)をしないこと。
難平(ナンピン)は決してしてはならない。これはトレーダーがするかも知れない最悪の失敗の1つである。
我慢できずに手仕舞いしたり、待ちきれずにポジションを持たないこと。
小さな儲けと大きな損は避けること。
ストップロスは決してキャンセルしてはならない。
過剰に頻繁な売買は避けること。
ロング(買い)だけではなくショート(売り)も活用すること。
決して値頃感で売買してはならない。
ピラミッディング(買い増し、売り増し)のタイミングに注意すること。レジスタンス・サポートをブレークしてから買い増し、売り増しをすること。

このまとめに対するコメント


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事