Top > 情報商材 > 情報商材は本当に稼げるのか?

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

情報商材は本当に稼げるのか?

情報商材=詐欺 そんな話を聞いたことがありませんか? 本当に稼げるのか?いくつか値段と見合っていないクソ商材を購入したことがあります。だから被害者を増やさないようにしたいと思います。そして、商材に対する私の見解もまとめました。情報商材は詐欺ではありません。

投稿者名:池谷

カテゴリ:情報商材

編集
あなたは情報商材を購入したことがあるだろうか。

きっとアフィリエイトに興味を持っている方であれば1つや2つ、情報商材を購入した経験があるのではないだろうか。

僕も何個か商材を購入した経験がある。30万円もするものもあった。

現在の世の中には様々な情報商材が存在している。

内容のない悪質なものからとても価値のある優れた商材まである。

情報商材は「稼げる系」「ダイエット系」「モテる系」などのジャンルがあるが、ここではアフィリエイトに関係する「稼げる系」に目を向けて考えていく。

そもそも、どうして稼げる方法を教えたりするんだろうかと疑問に思うことはないだろうか。

情報を売っている販売者は目的を持って自分の「稼げるノウハウ」を販売しているので、今回はその「稼げる方法を教える理由」を説明していく。

1.本気で騙すため

悪質な情報販売を目的にしている業者も必ず存在している。

これには気をつけなければならない。

騙すためというよりも、内容のない商材を売って自分の利益だけを考えているという方が正しい。

ここで、悪質な商材の特徴をまとめておいたので購入する際の参考にしていただきたい。

【悪質な商材の特徴】

異常な誇大表現
外国人の名前を使って発案者だと言っている
総額◯◯◯万円をかけて作り上げた最強システム
会員に合計◯億円稼がせたという謳い文句

出典:http://earn-in-affiliate.com/information-merchandise

1−1.異常な誇大表現

煽るというのはコピーライティングの技術として重要なものであるのだが、悪質な商材は異常と言えるほどの誇大表現を使っている場合が多い。

よくあるのは、

「1日たった◯分の作業で月収◯◯◯万円!」

「普通のサラリーマンが1ヶ月後に月収◯◯◯万円達成!」

などという表現だ。

実際に1日◯分の作業でできるようになるのはそれまでの作業の時間があった上での結果である。

ゼロから始めるのに1日◯分の作業では前に進まない。

そのような楽な方法を取れるようになるにはそれなりの努力が必要なわけである。

1−2.外国人の名前を使って発案者だと言っている

僕が経験してきたものに、よくわからない外国人の名前を使っていたものは悪質なものしかなかった。

「マイケル・◯◯◯が考案し、アメリカで爆発的に結果をあげている!」

「アメリカの◯◯◯という年収30億円の大富豪が発案した最新ビジネス!」

といったような内容は何度も聞いてウザくなった。

ビジネス先進国のアメリカから来たということで「これはすごいビジネスなんだ感」を演出しているのだ。

はっきり言って商材を見て、この手法を見つけた瞬間に買わないと決めて良い。

他にも「日本に上陸してまだ間もないので先行者利益を獲得できる」というようなのもおかしな話である。

「そういうあなたはすでに知っているならもうみんな知っている手法ではないか?」ということだ。

外国と結びつけたものは疑って良し。

1−3.総額◯◯◯万円作り上げた最強システム

総額でいくら使って開発されたのかはどうでも良い話だが、よくあるのがそのシステムを使って稼ぐのはグレーな手法であることだ。

中には完全にブラックなやり方も存在するが、多いのは規約に違反するかしないか微妙なラインをついているような手法である。

このようなやり方では本当に稼げるかもしれないが、いつ全てを失うかわからない。

規約違反を見つからないようにしていくことに必死になってしまう。

1−4.会員に合計◯億円稼がせたプログラム

この手の表現方法、会員が何人いるかも定かではない曖昧な表現で、あたかも「すごいだろ!みんな稼げるぜ!」ということを言いたい文句だ。

だいたいこの手のプログラムは中身がなく、「この商材自体を紹介して成約が確定したら◯万円」というようなねずみ講のような悪質な手段が多い。

その商材を売る権利だけのために何十万円というお金を払うのはバカバカしいものである。

2.効率の良いビジネスであるため

情報商材を販売するビジネスというのは実は非常に効率の良いビジネスなのだ。

商材を作るとき、用意するのはPDFファイルにまとめた商材本体と、それを紹介するためのランディングページ、購入されたときの入金システムの構築くらいだ。

これらを一度作ってしまえばあとはダウンロードをされるたびに収入となるので利益率はほぼ100%である。

このように効率的であるので情報販売に取り組む人は多いのである。

3.リスクヘッジのため

ブログやサイトなどでアフィリエイトをしているとそれらの収入はいつ失うか分からない。

経営戦略的な観点から収入を一つの道のみから得るのは危険なのである。

そのために、ブログを複数作ったり、アフィリエイトでの稼げたノウハウを売ることでリスクを分散させることを目的としている場合も多い。

4.リストを集めるため

メールアドレスなどのリストを獲得しておくのはアフィリエイト収益をあげていくうえで非常に重要なことなのである。

メールアドレスをある程度獲得することができれば、メルマガでアフィリエイトを行なうこともでき、収入が全くなくなるということはほぼなくなる。

FacebookでもTwitterでもファンを増やすことが重要なように多くの人を集めておくのはアフィリエイトにとっては重要なことなのである。

リストを獲得することが完全な目的である商材は、おおむね無料であったり安価であったりすることも多い。

高額にしてしまうとなかなか集まりにくいためだ。

無料のレポートを作ってダウンロードしてもらう際にメールアドレスの登録を促すことが多い。

そしてメルマガ配信によってアフィリエイトやその他の媒体の宣伝などに使うという手段につなげている。

まとめ

このまとめに対するコメント

1: 名無し

なるほどなあ

返信

削除

2: JIN

結局使い方次第ってことなのね。いくつも買ってますが最近の情報商材って中身しっかりしてる気がする。

返信

削除

3: 匿名希望

格安インジにも劣るようなぼったくりゴミ商材ばかり・・・。

返信

削除

4: 匿名

使い方次第ですよ。。稼げる人は稼げるし、稼げない人は稼げない。大半の人は忙しいからと、実践そのものをしなかったりする人ばかりです。。

返信

削除

5: 匿名

cisに勝ち方教えたBNFはすごいですよね。

返信

削除

6: 伊藤

よく投資の情報商材が販売されてますよね。

そこで質問です。こういった情報商材を購入している方もいらっしゃると思うのですが、やはり情報商材に頼っているのは良くないですか?
それよりも毎日取引してコツをつかむ方が正しいと思いますか?独学で学ぶより成功している投資家が販売している商材を購入した方がいいですか?
簡単に言いますと。。。

①最初に情報商材で勉強してノウハウを習得してから実際に取引してみる。
②情報商材などに目を向けずにとにかく毎日取引して損失という名の授業料を市場に払う。そして何がいけなかったのかを自分で見つける。(時間がかかると思いますが)

皆さんは上記の二択だったらどちらを選びますか?個人投資家の方、ご回答お願いします。

返信

削除

7: FXで勝つ!

伊藤さん。購入を検討されているのですね?私の場合、まずは気になった情報商材を購入してみて、自分で独学でどこまでいけるかを体験してみてから、気になった情報商材を使うか?独学でやってみるかを判断していった方がいいかと思います。
高額であればあるほど投資で儲かるなんてことはないし、安い情報商材だからといって儲からないとは限りません。私自信もいろいろ商材を試してはいますが、最終的には自分の判断で利益確定をしなければいけません。使い方しだいでは利益をちゃんと生み出すはずですので、情報商材に投資した分は回収が図れると思います。
もちろん投資の世界には絶対に儲かるなんて話はないので、いかに欲求を自制しつつ積み上げていくかに付きます。私自身がきになったサイトがありますので貼っておきます。

http://fxbbsrank01.net/

投資そのものは自己責任ではあるものの、失敗して学ぶことがかなり多いです。失敗してしまうリスクを少しでも減らすという意味でも、情報商材という道具は約にたつと思っています。

返信

削除

8: 匿名

騙されてばっかです!本物を知りたいです

返信

削除


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事