Top > 初心者向け > FXを始めよう!役立つ基礎知識とテクニックを伝授

当サイトはFX商材、投資案件に関するあらゆる情報を、自由に組み合わせ、
ひとつのページにまとめて保存・紹介できるサイトです。
各まとめページには口コミコメント閲覧&コメントの書き込みが出来ますので、どうぞお使い下さい。


↓あの「ボビー・オ◯ゴン」も受講!?今人気のFXトレード無料講座↓
38歳独身サラリーマンの年収300万円が1000万円に!禁断のFXツールが遂に公開!1日10分で70万円!?

FXを始めよう!役立つ基礎知識とテクニックを伝授

「24時間眠らない市場」為替市場にはチャンスがたくさん転がっています。トレードを始めるときに知っておいたほうがいい基礎知識や、市場の特性についてまとめました。とっつきやすくて楽しいFX、はじめてみませんか?

投稿者名:投資者

カテゴリ:初心者向け

編集

FXでデイトレードをする基礎知識

fxこと外国為替証拠金取引は、証拠金としてお金を預けると、その数倍から数十倍の資金を使って為替の売買ができる取引のことです。円高のときに買って、円安になって売ることで、その差が利益になります。

円高とか円安とか、よく耳にはするけれどもよく分からない…という方も、簡単です。たとえばあなたが今、アメリカのドルを買うとします。1ドル100円の時に買って110円になってから売る、つまり日本円に換金すれば、差額の10円が儲けになるということです。

また、fxの特徴として、レバレッジをかけて投資できることがあります。レバレッジというのは「てこの作用」を指し、国内業者では最大で差し入れた資金の25倍の取引ができるようになっています。少ない元手でも大きな金額を動かすことができるので、多額のリターンを狙えるのが魅力です。

たとえば為替が10円動いたときに、10万円の投資資金を証拠金として、レバレッジをかけずに投資した場合の損益は1,000円ほどですが、レバレッジ25倍で取引していた場合は25,000円の損益になります。

レバレッジをかけた投資では多額の利益を狙える一方、投資額以上の損失を負ってしまう恐れもあります。投資を始める当初はレバレッジをかけないか、少なめに設定して、また一度の取引の通貨量を増やしすぎずに値動きに慣れることが何より大切でしょう。

出典:https://upin.jp/3898

トレードの代表的な手法を一挙紹介!

ポジションを取るとき、その取引でどのように利益を出すかを決めておくことが重要です。それが短期投資なのか長期投資なのかで、エントリーするポイントが変わってくるからです。

設定する時間軸の違いで、いくつかの呼び方があります。デイトレードは他の取引と違ってどんな特徴や優位性があるかを知り、その上で他の手法を知っておくことで、トレードのアイディアにも差が出てくるかもしれません。それぞれを確認してみましょう。

出典:https://upin.jp/3898

スキャルピング

数分ほどのごく短い時間の方向感をつかみ、売買を完結させる手法です。

外部環境よりも、タイミングごとの需給を見定めることが重要なため、各種経済指標や要人発言などは一切チェックせずにこの手法に取り組んで成功している方もいるということです。

昨今気になるテロや、何かの材料があっての冒頭や暴落に巻き込まれにくいといった利点がある一方、一度のトレードでは損益が小さくなるため、取引回数を増やす必要があります。

出典:https://upin.jp/3898

デイトレード

朝ドラ「まれ」にも登場し、お茶の間にも浸透した「デイトレード」という言葉。有名になりましたね。
これは、買いか売りのポジションを取ってからそれを解消するまでを、1日の中でやりきる取引のことを言います。時間的には、数分から数時間くらいの保有時間になるでしょうか。

チャートなどを確認して為替の流れがどちらに向かっているかを把握し、それにうまく乗ることが重要になる取引です。したがって、なるべくチャートの波の底か天井で最初のポジションを取れるように、素早い判断が求められます。

スキャルピングも同じですが、ポジションを建てる位置が何よりも大事ですから、もしエントリー位置を間違えたとか、チャートが想定と反対方向に動いていると感じたら、早めに損切りして次のチャンスを待つこともひとつの作戦になり得ます。

出典:https://upin.jp/3898

スイングトレード

デイトレードからもう少し長い時間軸、数日から1週間前後同じポジションを持ち続けるトレードのことをスイングトレードと言います。

スキャルピングやデイトレードに取り組もうとする場合、1日の中の値動きでエントリーに適したポイントを探るため、パソコンに張り付いていることが重要になってきます。そういったことができない場合は、時間軸を長めにとって、マクロ等の環境を確認したり、指標に関する予測をした上でスイングトレードに取り組むのが有利かもしれません。

日中に相場を見られない場合で、日をまたいでポジションを持ち越す場合は、知らないうちに思わぬ損をしないため、逆指値やストップロスといった設定を有効活用することも重要と言えます。

出典:https://upin.jp/3898

最後に、スイングトレードよりもさらに長く、半年とか年単位での保有を考えるポジション、長期投資についてです。

たとえば高金利通貨を買ってスワップポイント(二通貨の金利差)を長期にわたって受け取りたいとか、しばらくの間為替の高安が一方向に偏りそうだといった予想を持った場合、長めの時間軸での投資を検討するのが良いでしょう。

時間軸が長ければ長くなるほど時の洗礼にさらされるため、大きな値動きを許容する必要があるなど高まるリスクがあります。ただ、その一方でドルコスト平均法を利用して、定期的に買い付けを続けていくことで低減できるリスクもあると考えられます。

出典:https://upin.jp/3898

疑問を解決!日時ごとの値動きを知ろう!

平日は世界のどこかで開いたままの為替マーケットですが、一般的に1日は朝の6時(サマータイム期間中は5時)にニュージーランドのウェリントン市場で始まると考える人が多いようです。

また、日本経済新聞のマーケット欄では、日本時間の9時を始値、17時を終値と定めて東京市場の動向として記載しているようです。

日本の為替取引に関しては、カレンダー通り土・日・祝日は休みのことが多いです。金融機関によっては取引ができるところもあるものの、少数でしょう。そこで無休で営業する海外業者を選択する方もいるようですが、メールや書類だけのやり取りののち、出金依頼しても反応がなくなり泣き寝入りするしかなくなったという話も聞きます。

それ以外にも、業者ごとにサーバーメンテナンス等の取り決めがあるため、取引が可能な時間については注意しておくのが賢明です。取引の開始前に、業者の比較には注意を払う必要がありますね。

次項から、取引時間帯別の特徴について考えていきます。時間は日本時間で表記していきます。時間については、国別に取引をまとめる市場が存在しないことから、上に記載した時間帯と異なる時間帯を記載したメディアもあるかと思います。ご参考ということでご認識ください。

また、日本で生活していると馴染みが薄いですが、サマータイムを採用している国が複数あります。ポジションを持っていながら指標発表時間・要人発言などを勘違いすると、大変なことにもなりかねません。忘れずにチェックしましょう。

出典:https://upin.jp/3898

・ニュージーランド:9月最終日曜日~4月第1日曜日
・オーストラリア:10月最終日曜日~4月第1日曜日
・ヨーロッパ・ロシア:3月最終日曜日~10月最終日曜日
・アメリカ:3月第2日曜日~10月最終日曜日

出典:https://upin.jp/3898

東京時間の特徴は?

いわゆる「日本時間」は9時から15時頃を指すことが多いようです。実際のビジネスの場面も、9時頃から活発になるのではないでしょうか。

【午前8時50分】
日本国内の指標で、重要なものの発表が多い時間帯です。たとえば日銀の短観やGDP、貿易収支といった指標も全てこの時間での発表になります。
キリの悪い時間に感じますが、これらは午前9時の株式市場のスタートを見据え、事前に開示するといった目論見があるかもしれません。

【午前9時台】
日本の株式市場がオープンし、機関投資家が活発に動き始めることになります。この時間帯は売買量のボリューム自体も大きくなります。

【午前10時頃】
また、10時15分頃に中国人民銀行がその日に適用となる人民元の基準値を発表し、10時半には中国の株式市場がオープンします。人民元は通貨の取引量が米ドル・ユーロに続く水準になっているとも言われ、マーケットでの存在感が日々増していることから、注意が必要です。

そして、常にというわけではないですが、中国株の激しい騰落に日本円の為替が引っ張られ、連動するような動きをする時期もあります。これは、海外の機関投資家が「アジア向け投資」という名目で中国と日本の金融商品を売買するためという話があります。

【11時】
投資信託の値段が決められる時間です。どんな値がついていても機械的にドルが買われるため、そういう実際の需要の影響が大きくなります。為替が絡むような大型の投資信託の設定時などは、特に注意が必要になりますね。

出典:https://upin.jp/3898

ロンドン(ヨーロッパ)時間の特徴は?

午後5時から午前2時頃(サマータイム期間は16時から午前1時頃)は、ヨーロッパ圏のビジネス時間になります。巨額の資金が飛び交う、重要な時間帯です

【午後5時半】
大市場・イギリスの重要指標が数多く発表されるため、サプライズがあった場合に為替の値動きも大きくなります。

【午後6時】
欧州のさまざまな国でさまざまな指標が発表されます。上記のイギリスの指標発表分と合わせ、欧州時間での値動きの方向性が決まることが多い、重要な時間帯です。

【深夜1時】
いわゆる「ロンドン・フィキシング」、金(Gold)のスポット価格が決定される時間です。有価証券の決済が多くなされ、売買量が増えるため、非常に重要です。

投信設定に関わる円売り・外貨買いについても多く行われます。
日本の投信設定情報ほど調べるのが簡単ではないですが、気になる方は海外サイトなどで大型投信の設定動向などを確認すると参考になることもあるかもしれませんね。

出典:https://upin.jp/3898

ニューヨーク時間の特徴は?

日本時間の午後11時から午前7時(サマータイム期間は22時から午前6時)頃が世界に名だたるニューヨーク・ウオール街の存在感が強くなる時間帯です。

ヨーロッパ時間よりもさらに市場参加者が増え、その日のトレンドが決まっていきます。指標発表や要人発言を受けて相場の流れが急変することもあるため、この時間帯にポジションを持つ場合は必ず予定を確認するようにしましょう。

【午後9:30~午後11時】
この時間帯に為替市場のクライマックスを迎えます。アメリカの重要指標が目白押しとなります。極めて重要な時間帯ですので、発表が行われる1時間程前つまり8時30分位からレートが激しく動き始め、射幸心を煽るかのような動きをすることがしばしばですので、米ドル/円の短期トレードを行いたいのであれば絶対外せない時間帯です。

出典:https://upin.jp/3898

このまとめに対するコメント

1: 匿名

とりあえず始めてみるのは大事なのはわかりましたが、、重い、、

返信

削除


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事